これでシルクスクリーンの印刷をするんですね!

シルクスクリーンは孔版といって、穴の空いているところに色がつくんです。

穴のところも編み目になっているみたいですけど・・・

これがスクリーンの由来で、昔は絹の紗を使っていたんですね。スクリーンに感光材を混ぜた乳剤を塗り版を作ります。スクリーンは沢山種類があって、何に印刷するかによって選びます。布などはあまり細かい目は使えないので、あまりに細い線などはきれいに印刷できないんですよ。

なんにでも印刷できるって言っても、印刷できるように版を作るっていうわけなんですね。


戻る 次へ