磯写真製版トップ 業務案内 陶器,食器,上絵付け転写紙 Tシャツ 入稿方法 支払方法 会社案内 利用可能書体 シルクスクリーンちっぷす館
製版と資材 シルクスクリーン印刷(インク適応表) | 大判印刷 | 小物雑貨成形品 | デジタル加工
問い合わせ | 製版資材の注文書 | 印刷の注文書 | よくある質問
ちっぷす館
自分で印刷する方法 | 簡易印刷機の作り方 | ラメインク | ブラックライト

刷版製版 | 一般インク各色料金表 | スキージや溶剤その他 | 印刷台(印刷機) | ISO式多目的印刷台

インクの色と種類の補足説明 | 布用特殊インク | 業者向け水性インク原料 | ご注文


手作り年賀状やポストカードをシルクスクリーン版画で作ってみませんか?
Tシャツやロゴ入れなど、ちょっとした個性を出したい!
コスト削減のため、自社でプリントしたい!

そんな方は、

シルクスクリーン印刷に挑戦してみてはいかがですか?

版画の要領でプリントできます。
可能性は工夫次第!

インクジェットにはない美しい発色、インクの盛りが厚く手触りに感触がある印刷、インクジェットでは不可能な金や銀、ラメ印刷などが可能です。

磯写真製版では、ハガキサイズの製版、資材も取り揃えて、ご相談を承っております。

シルクスクリーン印刷の道具一式

▲年賀状を印刷するための道具

シルクスクリーンの刷版製版

1  ご注文方法

1、版下やデータをお送りください。お問い合わせ注文書 版下などの加工が必要な場合は、デジタル加工のページ

2、数日で版を作り、他の用具や材料などご注文の品と一緒にお送りします。

3、油性インクを使う場合と水性インクを使う場合があります。違いは次の通りですので、ご指定ください。
特殊なインク、またはインクの代わりとするもので印刷する場合、油性/水性の他に、インクの粘性度(さらさら柔らかいものか、固めのものか)をお知らせください。これによってスクリーンのメッシュが決まります。

4、何に印刷するかによってもメッシュの選択が変わってきます。紙のように滑らかなものか、Tシャツ位かあるいは、麻やキャンバスのような粗い生地かお知らせください。

注意点 水性 油性
被印刷物 Tシャツや旗などの布製品 紙、ビニール、プラスチックなど
デザイン インクが乾燥しやすいので、版が目詰まりしやすく、あまり細かい線や点は印刷できません。特に、印刷に不慣れな方は、最低でも0.5mmから0.7mm位の線の太さが必要です。 かなり細かい描写が可能です。0.2mm位まで。ただ、Tシャツなどの場合は、熱加工して乾燥する必要があります。
※シルクスクリーンは、面で構成されたような絵柄が最も威力を発揮して美しい仕上がりが期待できますし、また印刷も楽です。
印刷 印刷途中で離れる時は、必ず、濡れた布などで、版に残っているインクを拭き取ってください。数分以上、版の絵柄の上にインクを乗せたままにすると、インクが乾いて目詰まり(インクの出る部分をふさいでしまう)し、再生不能になります。 換気をしてください。
作業時の臭い 濃色ボディ用インクは、あまり臭いません。
明色用は少し臭います。
染込むインクは非常に臭います。広い場所で換気をよくして作業してください。
臭いので、広い場所で換気をして作業してください。
溶媒 水性インクは水で溶かし、版の洗浄なども水でできます。 専用の有機溶媒でインクを薄めたり、版を洗浄します。

1  製版料金表

●枠にスクリーンが張ってある状態です。別々にはできません。

●サイズは印刷する絵柄の大きさです。実際の刷版は、インクスペースが必要なので、もう一回り大きくなります。

●インク以外の特殊なモノで印刷したり、変わった物にプリントする場合は、スクリーンの目の粗さを検討する必要がありますので、くわしくお知らせください。場合によっては、サンプルを送っていただけると助かります。

●図案全体に対して垂直水平の直線が多い絵柄(格子縞など)の場合、スクリーンをバイアス(斜め45度)に取らないと綺麗に印刷できないことがあります。その場合、通常より広い面積のスクリーンが必要になるため、少々割高になります。

●段ボールや段プラ、木目のある木材などは、スキージを引く方向が限定されますので、くわしくお知らせください。

●再生枠でも、プリントには何ら差し支えありませんので、ご了承ください。

●枠の形や大きさは、図案(デザイン)によって、インク溜めの量を加減します。

<お願い>ご不要になったアルミ枠は、返却していただければ、送料をサービスさせていただきます。

デザインの大きさ 製版代金 備考
製版特別サービス ハガキに入る大きさまで 3,500円 長台では使えません。手刷り専用です。
小型〜中型製版料金

※印刷面積が広く、インク溜まりのスペースが沢山必要なデザインの場合は、大きな枠が必要になる場合があります。

20cmx30cm以内の図案
(枠は40cmx40cm)
5,000円 再生木枠
(アルミ枠をご希望の場合は、枠代が1,000円かかります)
30cmx35cm以内の図案
(枠は40cmx60cm)
7,000円
40cmx50cm以内 10,000円 大きい版は歪み防止ですべてアルミ枠です。

アルミ枠を返却してくださったお客色さまへ>

  • 製版発送時の送料は無料です。
  • まとめて沢山送り返してくださった場合は、その枚数分の製版のご注文に適用します。
  • さらに、枠代として1,000円サービスします。
大型製版料金(旗、看板など)

※印刷も承る場合は、ずっと安くなります。

※デザインや素材によって変動します。

45cmx60cm位 13,000円
60cmx90cm位 28,000円位
90cmx120cm位 36,000円位
90cmmx180cm位 46,000円位

1  製版資材料金表

再生木枠紗張り
(木枠にスクリーンを張ったもの)
木枠寸法40cmx40cm

●大きさによって価格は変わります。ごく小さいもの、大きいものをご希望の方はお問い合わせください。
●新品枠、アルミ枠は別途、枠の料金がかかります。(現在、金属価格高騰のため、アルミ枠は高価です。)

1,500円
再生木枠紗張り乳剤塗布
(焼付け前の状態)
2,500円
スクリーン

●枠に張ってない生地状のものです。枠に貼らないと使えません。
●100メッシュを基準に、細かい図案は120#、大きい図案や粗い粒子のインクは70〜80#の粗いメッシュがオススメです。分からない場合はご相談ください。

70メッシュ/80メッシュ 幅1m 1,000円/m
100メッシュ/120メッシュ 幅1.5m 1,500円/m
ニス原紙製版用
ワックス塗布済みニス原紙(幅50cm) カッティング製版用。ワックスは不要です。詳しくはこちら 700円/m
ニス原紙貼付け用ワックス ワックスの塗布していないニス原紙に使います。
21mmx43mmx71mm(小さい石鹸サイズ)
1,000円/個
ニス原紙剥離剤 原紙のみを剥がして同じ紗張り枠を繰り返し使えます。 3,600円/kg

インクとスキージ、その他の用具

1  インク

沖縄県のお客さまへ:誠に申し訳ありませんが、輸送の関係上、インク類は沖縄へは発送できません。

インクの種類/色 水性インク(布、シャツなど)
通常インク(ラバータイプ) 染込むタイプ
明色ボディ用
説明
濃色ボディ用
説明
明色ボディ用
説明
濃色ボディ用
説明
インクのみ 750円/300g
(2,250円/1kg)
750円/300g なし
製版込み 525円/300g
(1,570円/1kg)
525円/300g
(1,570円/1kg)
インクのみ 900円/300g
(3,000円/1kg)
(薄め用バインダー)
870円/1kg
900円/300g
製版込み 630円/300g
(2,100円/1kg)
(薄め用バインダー)
609円/1kg
630円/300g
インクのみ 1,050円/300g 1,500円/300g 1,050円/300g 1,500円/300g
製版込み 735円/300g 1,050円/300g 735円/300g 1,050円/300g
インクのみ 1,050円/300g 1,500円/300g 1,050円/300g 1,500円/300g
製版込み 735円/300g 1,050円/300g 735円/300g 1,050円/300g
インクのみ 1,100円/300g 1,600円/300g 1,100円/300g 1,600円/300g
製版込み 770円/300g 1,120円/300g 770円/300g 1,120円/300g
紅色 インクのみ 1,050円/300g 1,500円/300g 1,050円/300g 1,500円/300g
製版込み 735円/300g 1,050円/300g 735円/300g 1,050円/300g
ネイビー インクのみ 1,050円/300g 1,500円/300g 1,050円/300g 1,500円/300g
製版込み 735円/300g 1,050円/300g 735円/300g 1,050円/300g
インクのみ 1,050円/300g 1,500円/300g 1,050円/300g 1,500円/300g
製版込み 735円/300g 1,050円/300g 735円/300g 1,050円/300g
マゼンタ インクのみ 1,050円/300g 1,500円/300g 1,050円/300g 1,500円/300g
製版込み 735円/300g 1,050円/300g 735円/300g 1,050円/300g
マリン インクのみ 1,050円/300g 1,500円/300g 1,050円/300g 1,500円/300g
製版込み 735円/300g 1,050円/300g 735円/300g 1,050円/300g
インクのみ 2,250円/300g なし なし
製版込み 1,575円/300g
インクのみ 2,250円/300g なし なし
製版込み 1,575円/300g
金ラメ
銀ラメ
ピンクラメ
説明
インクのみ

製版込み

3,000円/300g

2,100円/300g

なし なし
絵の具のように混ぜてある程度好きな色を作ることができます。
 染込むインクに白はありません。薄い色を作りたい時は、バインダーで伸ばしてください。

上記以外の用途のインクはお取り寄せになります。
 特殊な素材と思われるときは、ハギレ、破片などをお送りいただければ、適合インクを探してみますので、お問い合わせください。

黒白以外の色は、いわゆる一般的な色と理解してください。くわしくはこちら
 厳密な色をご希望の場合は、下の調合インクをご利用ください。

調合インク
(色見本の色をご用意)
インクのみ 2,550円/500g
製版込み 1,785円/500g
インクのみ 5,100円/1kg
製版込み 3,570円/1kg
※注意 調合色は、商品の性質上、返品が不能です。他のインクで慣れてからご注文ください。
乾燥 空気による自然乾燥です。アイロンなどは必要ありませんが、一晩風通しの良いところに広げておけば確実です。

弊社の水性インクは業務用のため乾燥が早いです。考えながらの作業には向きませんので、そのような場合は油性インクをご検討ください。

容器

水性インクはビニール袋入りです。袋の角をカットして絞ると出しやすいです。使う時は、タッパーやボウルなどの口の広い容器に入れて使うと便利です。保存する時は、ラップでも良いので密閉して早めに使い切ってください。

※油性インクの小分け販売はしておりません。株式会社ムラカミへお問い合わせください。

インクの色の説明、使い方や保管方法などなど、もう少し詳しい説明ページを作りました。ご購入を検討している方は、ぜひ、ご参照ください。


シルクスクリーン用インクの色と種類

蓄光インク、オパール加工液などの布用特殊水性インク

シルクスクリーン布用特殊インク
継続的にご利用の方はこちらもご参照ください。

業者向け水性インク原料

1  その他に必要な道具

スキージ 1cmあたり150円(10cmで1,500円)

    見落とされがちですが、シルクスクリーン印刷では、スキージは非常に重要で、印刷の仕上がりを左右します。上手くいかないと思っている方は、弊社のスキージをお試しください。

    印刷面より一回り長めが必要です。これで、インクを引きます。
    1cm単位で必要な長さにカットします。
    図案の両側に4〜5cmづつインクスペースの余裕が必要です。
    (図案が20cmの場合、スキージは30cm程度必要)

ケーキ用ヘラ(水性用) 200円

    水性インクの場合キッチン用のゴムべらが一番使いやすいです。弊社に在庫があれば、一緒にお届けします。インクを取り分けたり、版に残ったインクを戻したりするのに使います。

    ※スーパーなどの調理用品売り場や、100円ショップにもあります。


水性インクを扱うヘラ
3Mスプレーのり55 2,000円

    Tシャツなど、布にプリントするためには、平らな板に伸ばして貼付けておく必要があります。捺染ボンドとか低粘着スプレー糊を板に、まんべんなくスプレーして布を貼付けます。これらの糊なら、シャツの方へ糊が残りません。

    大手文具店や画材店で購入できますが、入手しにくい方は、一緒にお送りします。

    ※メーカーによって名称はいろいろですから、「貼ったりはがしたりできる」「仮止め」「一時固定」といった機能を確認してご用意ください。


スプレーのり

1  他にご用意いただくもの

セット用の板

    厚紙や板などで、印刷するものをセットするための台を作ってください。紙や布を置く位置、多色刷りの場合は版を置く位置が分かるように、厚紙などを縦横2カ所に貼付けてください。沢山印刷する時は、版を蝶番などで位置を固定しておくと便利です。

中に入れる板

    Tシャツプリントなどの場合、シャツの中に入れる板が必要です。しっかりした表面の平らなボール紙やベニヤ板、プラスチックの板などが良く、段ボールはよくないようです。沢山プリントする時は、板も枚数用意しておくと要領よく作業が進みます。

    ※台や板などの周辺部分を工夫することが、上手く印刷するためのポイントです。

ボウル/タッパーなど

    インクを入れておいたり、ラップをかけて保存しておくのに使います。タッパーなら、インクをそのまま保存できて便利です。色を混ぜる場合はいくつか用意しておいてください。

木片

    版を浮かせるため、版や印刷するものの位置を固定するためのものを探してください。かまぼこの板、定規、レゴなどで工夫して調節してみてください。

ウエス

    ぼろ布を用意しておいてください。とくに水性インクで印刷途中で離れる時は、濡らした布で版を拭いておいてください。

<参照> 自分で印刷する方法 アニメ工場見学

1  あったら便利(量産、プロ向け)

スクリーンホルダー

    版を挟んで上下に動かす、蝶番のような物です。設置する台は、印刷する物によって、日曜大工などで工夫する必要があります。弊社では、現在扱っておりませんが、「スクリーンホルダー」で検索して探してみてください。ちょっと高価ですが、もう少し使い易いものが市販されているようです。

    この器具だけでは、多色刷りはできません。多色刷りをするためには、もっと本格的な多色刷り用印刷台(回転台など)が必要です。Tシャツの多色刷りをするためには、下のレールを使った長台方式がオススメです。

    単色刷りの場合はどちらも使えますが、紙や板など刷る場合は、こちらのホルダーが便利です。Tシャツプリントなら、レールの方が使い易いでしょう。

長台方式のレール

    巨大なカーテンレールのようなレールに付属したポイントと、版に取り付けた金具で位置を合わせる方式です。長ければ一度に沢山のシャツなどをプリントできますし、何色でも印刷できます。

    台の作成方法を「ちっぷす館」でくわしく図解しましたので、ご参照ください。

    多色刷り・濃色ボディシャツ・量産用シルクスクリーン印刷台

レール 長さが70cm(シャツ1枚分)3,000円
ポイント 1個1,000円

    版の方に取り付けるT字金具は、レールやポイント、製版のお客さまには欲しい数だけ無料で差し上げますので、必要な枚数をお知らせください。また、このような台で印刷するための版をご注文の場合は、金具を付けてお送りしますので、その旨、お知らせください。

長台用の刷版の注文方法

    長台方式で印刷するための版をご注文するときは、台にシャツを着せた状態で、印刷する図柄の一番上の位置を、レールから何センチか知らせてください。

    シャツの下の方に印刷する場合は、版の下の方に図案が来ます。デザインによっては、その分、大きな枠で版を作ることになりますが、製版料金は、デザインの大きさによって決めていますので、同じです。ただ、胸のワンポイントでも、それなりに大きい版が必要になりますから、サービスサイズの「ハガキ大3,500円」というのは使えません。

    まだ台を作っていない場合で、こちらの設計図を利用してつくるのでしたら、同じものが弊社にありますので、それで適切な位置を決めて製版します。

新開発!磯写真製版オリジナル ISO式多目的印刷台

    Tシャツの大判プリントや、濃色シャツへの1色刷りができる印刷台で、使い易く比較的安価な印刷台ができないか?という長年の要望へお答えするため、機械製作所との協力でついに完成した印刷台です。

    回転台と同じしくみで、パカパカと版が上下します。

    受注生産方式で、ご注文を承っています。くわしくはこちらへ


ご注文の際には、次の点をお知らせください。製版資材の注文書のひな形はこちら
  1. 大きさ
  2. インクの種類(油性用/水性用)
  3. 被印刷物の材質

納期は物にもよりますが、版下ができている場合には2〜3日でお届けできます。
 インクのみの場合、在庫があれば、早ければ当日か、翌日には発送します。

1回のご注文につき、送料が一律1,000円かかります。

基礎的な印刷方法はこちら


ご注文、ご相談はこちらへどうぞ

イラストと印刷のプリン島
更新日17.5.10