磯写真製版トップ 業務案内 陶器,食器,上絵付け転写紙 Tシャツ 入稿方法 支払方法 会社案内 利用可能書体 シルクスクリーンちっぷす館
ご注文方法 原稿の作り方 よくある質問 注文書(メール用)
料金一覧表 初めてのTシャツ制作日誌 アニメで分かるシルクスクリーン工場見学 問い合せ

Tシャツのご注文方法

| ご用意ください

1.素材 2.版下 3.指定書 4.注文書

1.素材 Tシャツなど印刷するものをご用意ください。弊社ではTシャツの販売はしておりません。Tシャツについての細かい点は分りませんし、苦情も受け付けられません。サイズについてのお問い合わせがよくありますが、サイズは印刷には関係ありませんので、着る人に合ったサイズをご用意ください。

<注意>Tシャツ店から弊社へ、直接シャツを配送して欲しい方は、シャツ購入店にご相談ください。届いたお荷物が、どのお客さまからの物であるか、分るようにしておいてください。直送の場合、印刷後の発送前に検品できる検品個別包装をお勧めします。


2.版下 原稿(版下)を制作してください。版下とは、白い紙に印刷する部分を黒できれいに描いたものです。手描きでも、パソコン制作でも構いませんが、MS Wordなど、ワープロなどのファイルは弊社では開けませんので、プリントしてお送りください。ジャギー(ギザギザ)などがありますと、そのまま印刷されてしまいますので、きれいに描いてください。中間調のない白黒コピーでも大丈夫です。特別な場合をのぞき、印刷する原寸大にしてください。
多色印刷の場合は、ちょっと工夫が必要ですが、ロゴと図形などのように簡単なものの場合は、左図の下側の例のように、2色目をアタリケイと呼ばれる細い線で描いておく方法もあります。

原稿の作り方のページやFAQを参考にして、よくわからない点や困ったことなどがありましたらご相談ください。

入稿についてのより細かい説明は入稿方法のページへ

3.指定書
(色見本)
または 仕上がり見本
できるだけ、指定書をお送りください。これは、プリント位置と、印刷する色の色見本です。

特に、印刷色が白と黒以外の場合は、図のように数cm四方の長方形に印刷して欲しい色を平たく塗ったものをつけてください。これを見て、インクの調合をします。DIC(大日本インキガイド)のチップや色番号でも大丈夫ですが、CMYK指定はできません。多色刷りプリントの場合は、パソコンが利用できる場合は、右図のようなカラーの指定書か、仕上がり見本図を作っていただけると分かりやすいです。


*データ
データ入稿
原稿や指定書は、データでも可能です。詳しくは、入稿方法のページをご覧ください。

ワードやエクセル、パワーポイントのファイルは使えません。そちらで紙にきれいに印刷したものをお送りください。また、ピクセルデータの場合は、解像度が300ppi以上必要です。

色見本だけは、できるだけ紙の状態でお送りください。

ご相談はGIFファイルやJPEGファイルを添付してくださると分かりやすいです。


4.注文書 注文書フォーム 弊社へご注文することが決定しましたら、注文書をお送りください。細かい点は保留の状態でも、予定に入れておくことができます。

5.素材到着

納品

原稿とは別便で構いませんが、納期はシャツと原稿が揃ってから、1色の場合は1週間程度、多色刷りの場合は2週間程度と考えてください。

| ご相談ください

料金一覧表 計算方法の説明と料金一覧があります。

ご相談窓口 初めてシルクスクリーン印刷の発注をなさる方、お急ぎの方は、IT事業部の磯へメールをください。数時間以内にお返事をすることができます。

FAQ お客さまからの、様々なご要望をまとめてあります。「こんな場合は?」ということがありましたら、ご一読ください。

レイアウト レイアウトの検討のためには、正確に縮尺したシャツの図で仕上がり予想図を制作してみるのが、わかりやすいです。下に15%の縮尺で描いたTシャツの図をご用意しましたので、ご利用ください。

しかし、ご都合で、ご自分で仕上がり予想図が作れない場合は、その旨お申し出ください。jpegの小さなデータでも構いませんので、デザインを送っていただければ、仕上がり予想図を制作してメールでお送りします。

Tシャツの型見本

tshat.pdf
Tシャツの形を15%の縮尺で製図した図です。プリント位置を考えたり、仕上がりの雰囲気を掴むためにご利用ください。

AdobeIllustratorが使える場合は、pdfのデータをご利用ください。そのままIllustratorで開けます。アクロバットリーダーで開いてプリントして利用することもできます。


tshat.gif
gifファイルは、たいていのソフトで開きます。プリントして利用したり、他のソフトに配置や埋め込みをして使います。クリックすると大きな画像が開きますので、そのままパソコンに保存してください。


イラストと印刷のプリン島
更新日16.5.13