磯写真製版トップ 業務案内 陶器,食器,上絵付け転写紙 入稿方法 支払方法 会社案内 シルクスクリーンちっぷす館
写真のプリント お問い合わせとご注文 | データ入稿 | データが作れない場合
問い合わせ | 製版資材の注文書 | 印刷の注文書
1  カラー写真をプリントしたい
写真を印刷するためには、通常印刷ではアミかけ加工という方法で、中間トーンを点々におきかえます。広告などのオフセット印刷の場合は、そのアミ点が細かくインクが透明なので写真のようにみえますが、シルクスクリーンの場合は、アミかけの点々(ドット)は数十線という大きい点になりますから、近くで見ると肉眼で点々が見えます。

写真を印刷したい場合は、弊社ではインクジェットプリントをお勧めしています。インクジェットの場合は、フルカラーで、パソコンに表示してあるのと同じようにプリントできます。A4で1枚1000円、A3は1枚1500円ですから、枚数が少なく色数が多い場合はお手頃ですが、印刷枚数が多いと割高になります。濃色シャツへも可能ですので、お問い合わせください。

<参照>デジタル加工

1  アミかけ加工
白黒グレースケールの1色刷りなら、ある程度はアミかけ加工が可能です。

ただ、シルクスクリーンできれいに印刷できるのは、30線から40線くらいです。これは、1インチ(約2.5cm)の中に並ぶ点の数で、肉眼ではっきり点々が見えるような大きさです。小さいサイズの顔写真では、人の顔は識別できません。

このアミかけ加工は、弊社でも3000円から承っていますが、フォトショップが使える場合は、自分で加工することが可能です。「シルクスクリーンちっぷす館」にくわしい説明と手順を掲載しましたので、お試しください。。実際の印刷の仕上がりは、作ったデータより多少グラデーションの幅が狭くなったり、濃くなったりします。

<参照>デジタル加工 シルクスクリーンちっぷす館トップ

特に、アミ点の雰囲気を出すというような特殊効果を狙うような場合は、お客さまの方でフォトショップなどを使って加工したものを版下としてお送りください。

シンプルなグラデーション平アミの掛け合わせの場合、インクが不透明なので、重なった部分の発色が混合色になることは期待できませんが、ベタの上にアミを重ねることは可能です。


ご注文、ご相談はこちらへどうぞ

イラストと印刷のプリン島
更新日17.10.26