磯写真製版トップ 業務案内 陶器,食器,上絵付け転写紙 Tシャツ 入稿方法 支払方法 会社案内 利用可能書体 シルクスクリーンちっぷす館
データ入稿 お問い合わせとご注文 | データが作れない場合 | 写真をプリントしたい
問い合わせ | 製版資材の注文書 | 印刷の注文書 | よくある質問
ご利用できるデジタル原稿のファイル形式
× .doc

.xls

.ppt

.sitx

ファイルクリエーター(書類を作ったアプリケーション)にご注意ください。当社で使っているソフトはAdobeIllustrator 8AdobePhotoshop 5です。MicrosoftOfficeやWord、Excel、パワーポイントなどのプレゼン用画像などは弊社では開けません。

また、これらのファイル形式ですと、フォントや解像度の問題もあって、印刷原稿にはなりませんので、きれいに紙にプリントして郵送するか、原寸以上の大きさでPDFに書き出してください。

レイアウトだけの場合はGIFJPEGの画像、またはファックスで送ってください。

文字やシャツの内訳などの文字を読んで欲しい場合は、文字の部分をコピーして、テキスト形式でメール本文に貼付けてください。事務的なエクセルの表は、お手数ですがPDFHTMLに書き出してください。


.eps

.ai

.pdf

.sit

.lzh

.zip

Illustratorで制作したものを、わざわざEPSにしないでください。データの内容がより複雑になり、エラーが生じやすくなります。文字はアウトライン化し、複雑なパターンやブラシなどは、なるべく分解し、無駄なポイントは削除して、できるだけパスだけで構成された単純なデータにして、バージョン8以下で保存してください。バージョン8以下にならない表現はシルクスクリーンでは印刷できないと考えてください。

文字はすべてアウトラインを取ってください。

Illustrator CS は旧バージョンと互換性がありません。
データ書き出しから[Illustrator Legacy] を選択して保存してください。文字詰めなどは崩れますので、どんなフォントでも必ずアウトライン化してください。

Illustrator10 をお使いの方は、確実にバージョン8以下の.aiファイルになっていることを確認してから、圧縮してお送りください。

添付ファイルで送る場合は、必ず圧縮するPDF形式にして送ってください。ファイル名を半角ローマ字8字程度のファイル名にして「.lzh」や「.sit」に圧縮してください。特に複雑でファイルサイズの大きいIllustrator形式のファイルは、インターネットを経由しているうちに、破損することが多いようです。軽いものなら、問題ないことも多いですが、1MB位になるIllustratorファイルは必ず圧縮してください。

MacOSXStuffItDeluxeによる、「.sitx 」は現在のところ、解凍可能なソフトが入手できませんので、ご利用をお避けください。

圧縮が分らない方は、PDF形式にしてください。軽くはなりませんが、ネットを安全に通ることができます。


.psd

.tif

.pct

.bmp

.jpg

ピクセル画像の場合はプリントサイズ原寸解像度が最低でも200ppiできれば300〜360ppi程度必要です。お使いのソフトウェアによっては、プリントサイズが無視されてしまうことがあります。その場合はこちらで再設定しますので、余白部分を除いて、図案の左右(または天地)での寸法をお知らせください。

フォトショップで作ったものをわざわざ、イラストレーター形式にする必要はありません。重くなるだけです。フォトショップは psd 形式のまま、または必要なら配置して、配置されたファイルと配置画像を一つのフォルダにまとめて送ってください。解像度は300dpi〜360dpi程度にしてください。解像度が低いとジャギー(ギザギザ)が出る場合がありますし、解像度が高すぎるとこちらでの処理が難しくなります。

黒1色の版下を作成してくださった場合は、プリントサイズ原寸、解像度360ppi以上のグレースケール、圧縮なし、という条件ならJPG形式でも問題ありません。

ペインターでフォトショップ形式で保存できるバージョンのものは、フォトショップ形式に、できない旧バージョンのものはTIFF形式にしてください。

それ以外の画像ファイルはPICTBMPなどの汎用性のあるファイル形式に書き出してください。解像度が十分高く、圧縮度が低ければ、JPEGでも大丈夫です。一番重要なのが解像度です。それさえ十分なら、たいていなんとかなります。


添付ファイルは100MBまで受け取れます。それ以上のサイズになる場合は、CD-RやMOなどのディスクに入れて郵送や宅配便でお送りください。MOは230MBディスクでお願いします。(Winフォーマットの640MB以上は読み込めません)


Illustrator と、Photoshop の両方をお使いの場合、Photoshopの選択範囲をパスにして、パスデータのIllustratorファイルを作る方法があります。トライしてみたい方はこちら


シルク印刷可能なデータ

シルクスクリーンでは、あまり細かい点や線は印刷できません。また、狭すぎる隙間は潰れることがあります。線は0.3mm以上の太さ、点は直径0.5mmで制作すると確実です。心配な場合はご相談ください。下の手描きの場合の説明もご参照ください。

色見本は何らかの「物体」が必要です

基本的に、データでは色見本になりません。モニタやプリンタ、パソコンが違えば色は違って表示されます。お客さまが見ている色と、私どもが見ている色が同じだという保証はありません。印刷色が白、黒、金銀蛍光色(これらはバリエーションがありません)以外の場合は、インクを調合するための色見本が必要です。プリントした紙、絵の具を塗った紙、見本にして欲しい色で染められた紙や布などの物体が必要です。

DICのカラーガイドをお持ちなら、その番号をお知らせください。こちらで、同じ番号のカラーチップを探して色見本にします。ただし、IllustratorなどのスウォッチにあるDICの色は、あくまでも、だいたいの感じを掴むシミュレーションのためのもので、実際のカラーチップと同じ色を発色しているとは限りません。とくに、番号の横に、「*」「**」と記号のあるものは、特殊なメディウムを使った蛍光色やメタリック色など、パソコンのモニタでは再現できない色で、大きく違うようです。実際の色見本がない場合、弊社では責任を持ちかねますので、ご注意ください。

だいたいで構わないという場合も、なるべく誤解のないよう、せめて絵の具の色名とか、一般的な市販品のパッケージの色など、何か指定してください。

1  パソコンで原稿を作ることはできるが、ファイル形式などがよく分からない時
グラフィックデータに不慣れな方、Officeなどのワープロソフトしかお持ちでない方は仕上がり予想図や版下を紙に印刷したものを送ってください。弊社では、Ward や Excel、PowerPointなどのファイルは開けません。また、お客さまと同じフォントは弊社にはないため、原稿としては利用できません。データとしては使えなくても、原稿を制作したパソコンに繋がっているプリンタなら、きれいに印刷できる可能性があります。

この方法なら、使用ソフトに関係なく、紙に印刷してある状態と同じようなものがプリントできます。ただ、ジャギー(ぎざぎざ)などがありますと、そのようにプリントされてしまいますから、きれいに紙に出力してください。版下の作り方は原稿の作り方を参考にしてください。

次へ


ご注文、ご相談はこちらへどうぞ

イラストと印刷のプリン島
更新日08.2.18