磯写真製版トップ 業務案内 陶器,食器,上絵付け転写紙 Tシャツ 入稿方法 支払方法 会社案内 利用可能書体 シルクスクリーンちっぷす館
手描き原稿 お問い合わせとご注文 | データ入稿 | 写真をプリントしたい
問い合わせ | 製版資材の注文書 | 印刷の注文書 | よくある質問
1  手描きで版下やデザインを作った場合
イラストなどを手描きで作る場合、筆やペン、マーカーなどの黒を使って、白い紙に真っ黒なインク(絵の具)で、なるべく白黒はっきり、きれいに描いてください。拡大縮小も可能です。中間トーン(グレー)の部分は、基本的に印刷できませんが、下のような方法での表現をお試しください。
  • 鉛筆などのタッチを生かした絵をプリントしたい場合、ざらざらの紙に色鉛筆の黒やクレヨンの黒などで描いてみてください。細かい点が飛んだり(消える)詰まったところがベタになったりしますが、暖かい雰囲気を表現することができます。
  • 鉛筆などで描いて、グレーになっているものは、中間トーンのない白黒コピーなどにすると、再現しやすくなります。
  • 筆の掠れも、一番細い部分の先端部などは、飛ぶことがありますが、毛筆のタッチなどはかなりきれいに再現できます。
  • 目の荒い、スクリーントーンなどが使えます。目安としては、アミなら30線50%くらいです。
  • 現在、油性インクを使うと、細小0.2mm位の点まで印刷することができます。グラデーションを表現したい場合に最も確実なのは、ペンなどで点描をすることです。機械的なアミかけは、飛んだり潰れたりする可能性がありますが、同じ大きさの点の密度でグラデーションを表現した場合には、美しいグラデーションを作ることができます。
1  デザインのイメージはあるが、自分で版下を作れない時
デザイン全体のイメージのラフ画と、その部品が必要です。文字はこちらで制作することができますが、絵やイラストなどは、お客さまの方で描いてみてください。

絵やイラストはバラバラでも構いません。大きさなどはこちらで拡大縮小して、ラフ画に従って並べ直すことができます。

文字を打って欲しい場合は、フォント一覧表から書体をお選びください。(字数に関係なく2,000円です)

カラフルなものは、分版(色別に版下)を作らなければなりません。難度によって1000円から3000円くらいです。

版下ができましたら、完成予想図を添付ファイルなどでお送りします。直して欲しいところがあれば、修正して再度お送りします。これを何度か繰り返してOKになりましたら、それで製版をして印刷します。

次へ


ご注文、ご相談はこちらへどうぞ

イラストと印刷のプリン島
更新日08.2.18