磯写真製版トップ 業務案内 陶器、食器への印刷 Tシャツ 入稿方法 支払方法 会社案内 利用可能書体 シルクスクリーンちっぷす館
被印刷物(ボディ)のご用意 陶磁器上絵付けトップ(作例集) | 陶磁器やグラスの上絵付けの作業工程 | 上絵付け転写紙印刷 | 色見本 | 制作の工夫例 | 写真のプリント
貼付け箇所の例 | 料金一覧 | お問い合わせとお見積り | 陶磁器印刷の注文書

持ち込みのマグカップやお皿,グラスなど、陶器、磁器、ガラスの食器へ後からオリジナルの絵柄をプリントできます。
また、陶芸をなさっている方向けには、オリジナルの転写紙を作成しています。
器自体は販売していませんので、お客さまの方でご用意ください。

1  器の選び方のポイント

マグカップやお皿、湯飲みや急須など食器、花瓶やアクセサリーなどの陶磁器、作成した陶芸作品など、なんでも可能です。
1個のサイズが決まれば、焼成のお見積りが計算できます。

購入する場合、800度で焼成しますので、焼きのしっかりしているものが向いています。色のついているものでも構いませんが、白いものの方が印刷した色の発色はきれいです。デザイン重視の場合は、チャイナペイント用のものがお薦めです。

白いものがご希望の場合、器の底の糸尻(食器の足になる輪)の部分をチェックしてください。ここの接地面は、滑り止めを兼ねて釉薬が塗ってないため、素地の色が出ています。この輪の部分が白いものは、釉薬だけでなく全体が白いため、発色が良いようです。


釉薬をかけていない、ざらざらした器は、転写紙が貼り付きませんので、避けてください。

また一見陶磁器のように見えるガラス製品もあります。ガラスの場合は、顔料の種類や焼成温度が異なるため、今のところ承っていませんので、ご注意ください。

柄もの、絵付けされているものは、サンプル焼成が必須ですので納期が余分にかかります。

上から絵付けされているものは、塗料で描いたもの、低温焼成されているものなど様々で、そのうえに上絵付けを付けて焼くと、すべて消えてしまう場合があります。また、後から焼付けた顔料の影響で変色することもあります。これらは実際の物を拝見して焼いてみないと分りませんので、まずはサンプル用の品物をお送りください。


ガラス類の場合
  • グラス類の場合、一見ガラスに見えるアクリル製品があります。
    アクリルの場合は、焼成不要で印刷できますので、ご確認ください。
  • 擦りガラスは可能です。
    軽い凸凹は問題ありませんが、切り子などの細かい凸凹のある製品は、お避けください。
  • ワイングラスなど、細いステムのあるものは歪む可能性が高いです。
  • デュラレックスなどの耐熱強化グラスは、絵付けのために高温加熱した際、強化特性が損なわれる可能性が高いため、絵付けは避けてください。
  • 高価な品物は、弊社としては保証しかねますので、なるべく量産品の安価な品物でお願いします。


ご注文、ご相談はこちらへどうぞ

イラストと印刷のプリン島
更新日12.2.21