磯写真製版トップ 業務案内 陶器、食器への印刷 Tシャツ 入稿方法 支払方法 会社案内 利用可能書体 シルクスクリーンちっぷす館
上絵付け使用色の色見本 陶磁器上絵付けトップ(作例集) | 陶磁器やグラスの上絵付けの作業工程 | 上絵付け転写紙印刷 | 制作の工夫例 | 写真のプリント
被印刷物(ボディ)のご用意 | 貼付け箇所の例 | 料金一覧 | お問い合わせとお見積り | 陶磁器印刷の注文書

持ち込みのマグカップやお皿,グラスなど、陶器、磁器、ガラスの食器へ後からオリジナルの絵柄をプリントできます。
また、陶芸をなさっている方向けには、オリジナルの転写紙を作成しています。
器自体は販売していませんので、お客さまの方でご用意ください。

磯写真製版のカラーラインナップ----それはすべて、日常の食器として安心して使える無鉛インク!

色見本マグカップ色見本皿

朱赤
高額インク

ご注意
  • インクの発色は、陶磁器自体の色に影響されて、微妙に変化します。
  • 真っ白な器ほど、奇麗に色がでます。
  • 色のついた器の場合は、なかなか発色しませんが、金色、銀色だけは、黒い食器でもはっきりとプリントできます。さらにピカピカ光る金銀をお求めの場合は、金液、銀液というのがありますが、割増し料金がかかります。料金表
  • もちろん、モニタの調整によっては、正しく表示されていない恐れもありますので、ご注意ください。

指定色プリント
  • 色を指定する場合は、DICのカラーガイドなどで指定するか、色見本をお送りください。焼き物ですので、必ずしもご希望通りの発色を得られるという保証はできませんが、なんらかの目標がないと調合できません。
  • 指定色の場合、最初に発色サンプルを作成し校正していただく必要がありますので、納期には充分な余裕を見てご注文ください。特別な素材でなければ、タイルなどにプリントしたものをお送りします。
  • 転写紙のみのご注文の場合でも、指定色の場合はこちらで顔料を調合して試しに焼いて色を確認しています。そのため、指定色での印刷の場合は1色あたり3,000円の色出し試し焼き代がかかります。


金色プリントの例

器のテキスチャーによって、多少、きらめきが変わってきますが、どちらも、金色ははっきりくっきりプリントできます。
黒のように濃い色の器に他の色をプリントする場合は、右側の写真のように、下地として白を印刷します。

金液・銀液(ブライト金) 料金表

通常の金銀ではなく、もっとピカピカした本当の金色、銀色をお求めの場合、金液、銀液を使う必要があります。

特に、ガラスでは通常の金銀の発色があまりよくないので、キラキラピカピカさせたい場合は金液、銀液になります。

このインクは、非常に高価なので、高額インク特別割増し料金になります。

A4転写紙10枚に、ポツポツと点々を打つようなデザインの場合で、15,000円追加になります。

ベタの面積が広い場合は、A4転写紙10枚で最高30,000円です。

ごく小さなロゴなどをワンポイント的にプリントして量産する場合などなら、単価が下がってきて使いやすいでしょう。

通常のインクより滲むので、白抜きの文字やラインはあまり細かいものは出ません。


ガラスの色見本

ガラス用金液▼

ガラスの場合
  • だいたい陶磁器と同じような色がありますが、金銀に関しては、ガラスは陶磁器ほど光らないようです。ゴールドはベージュ、シルバーは明るい灰色のようなものです。
  • 本当にピカピカ光る金、銀をお求めの場合、金液、銀液というのがあります。非常に高価なインクなため、割増し料金がかかります。くわしくは、料金表をご参照ください。
  • 混色もあまり効かないようです。できれば、上の色見本にある色を選択してください。
  • ガラスの特徴として、透明なガラスに絵付けした場合は、アミは透けて見えるということにご注意ください。上の写真で50%、20%となっている内側に配置された色は、後ろが黒いと暗くなりますが、白い物が透けてみえる場合は明るくなります。透明なガラスにアミかけ加工のデザインを絵付けする場合、確実に明るく表現したい場合は、一番下に白ベタを置くといった工夫が必要になります。
  • 今のところ、半透明に仕上がるインクは使っていません。トップページから作例集をご参照ください。
  • 転写紙のみのご注文の場合でも、指定色の場合はこちらで顔料を調合して試しに焼いて色を確認しています。そのため、指定色での印刷の場合は1色あたり3,000円の色出し試し焼き代がかかります。


ご注文、ご相談はこちらへどうぞ

イラストと印刷のプリン島
更新日11.5.14